ピラティスなどのボディワークの効果を高める法則

ピラティススタジオ ランプリールの樋口です。

 

ボディワークの効果が何倍にも高まる法則をお伝えします!
レッスン中にもお話していますが知らなきゃ損です!

ただ痩せるだけでなく、姿勢が改善し、体のラインが確実に美しく変化する素晴らしいピラティス!

なぜ、ピラティスが幅広い分で支持され、効果を出しているのか、その秘密は・・・

ずばり⇒『ピラティスの8つの法則 』にあります。

ピラティスの効果を出す為の法則ですが、呼吸法に関して以外は、どのボディワークにも通じます。

ピラティスの8つの法則

1.集中力
2.呼吸法
3.コア・コネクション
4.アイソレーション
5.流れ
6.コントロール
7.正確性
8.ルーティーン

 

1.集中(COCENTRATION)

『今行っているエクササイズの目的に集中しなさい』
ジョセフ・ピラティス

量より質

・精神力によって惑わされません。
・エクササイズ中は、体中に意識を向けます。
・効果を高め、安全に行う為に、力まず、一つ一つの動きの意味を理解し正しく行います。

2.呼吸法(BREATHING)

『呼吸は生きるための最初の行いです。
我々の生命は呼吸をすることで成り立っています。
それなのに何億という人が正しい呼吸をマスターしてきていませんでした。』 ジョセフ・ピラティス

・正しい呼吸で、コアの深層筋を連動させます。

・ゆっくりと息を吐くことで、コアの腹横筋と骨盤底筋の活動を 促し、腰を安定させます。

・深い呼吸により表層筋がリラックスし、体から余計な力を抜きやすくなります。

・正しい呼吸を繰り返し行うことで、コアの腹横筋を継続的に緊 張させることができます。

・精神力が向上し、集中力が高まります。

 

3.コア・コネクション(CORE CONNECTION)

『ピラティスは身体を均等に鍛えるだけではなく、悪い姿勢を正し、体の活力をみなぎらせ、心と精神を高揚させます。』ジョセフ・ピラティス

・動きの前に必ず、体幹の支持筋(ウエストラインからお尻の下部にかけてコルセットの形を生み出す筋群)を作動させます。

・これらが強固なセンターをつくり、エネルギーを生み出します。

 

4.アイソレーション(ISOLATION)

アイソレーションとは、『分離・隔離』という意味で、ターゲットとなる特定の筋肉や関節を理解し、集中してエクササイズを行います。

・動作の前にターゲットとなる体の部分を理解し、エクササイズ中は、常にそこを意識します。

・部位を特定することで、リハビリ効果が高まります。

 

5.流れ(FLOW)

『歩く姿、遊ぶ姿、そして働く姿に、優美さ、しなやかさが間違いなく反映されるようにデザインされたのです。』ジョセフ・ピラティス

形だけではなく質感が大切!

・ピラティスの全ての動きで、速度とその動きの優美さが協調されます。

・ピラティスは、始めも終わりもない優美で連続した動きの太極拳に似ています。

 

6.コントロール(CONTROL)

『全ての体のメカニズムが正しくコントロールされて初めて正しい姿勢が保てるのです』ジョセフ・ピラティス

動きの質を高める!

・体中に気を配り、動きやポーズをコントロールします。

・間違った方法は、体の筋肉や関節にストレスをかけ、怪我の原因になります。

・動きの質は、コントロールの優劣によって決まります。

 

7.正確性(PRECISION)

『ピラティスの効果は、どれだけ正確にインストラクション通りに実行するかで決まります』ジョセフ・ピラティス

正確に行い、効果を高める!

・自己流は、非効率的で、怪我を招く可能性があります。

・身体運動学的に正確に行うことで、筋肉や関節を本来の役目通りに使い、怪我を予防します。

8.ルーティーン

継続は力なり!

ピラティスの効果は、真剣に定期的に継続して行うことで得られます。

ぜひ、この8つの法則を頭に入れてボディワークに取り組んでください!

pi

 

二子玉川/用賀/桜新町 ピラティス・バレエエクササイズ・ストレッチ・ウォーキング・整体
少人数制グループレッスン/プライベートレッスン
腰痛・肩こり・首こり・不眠・自律神経の乱れ・尿もれ・代謝の低下・O脚改善・姿勢改善・外反母趾・柔軟性の低下・ダイエット

 



ブログカテゴリー一覧
コンタクト