②外反母趾やタコなどなど足のトラブルの種類

ピラティススタジオ ランプリールの樋口です。

本日は、足のトラブル第2回目、トラブルの種類についてお伝えしたいと思います!

 
じわりじわりと足のアーチの崩れが進行しているかもしれないので、自分の足をよ〜く観察してくださいね(^^)
現在の足の状態は今までの生活習慣をそのまま表しています。
小さなサインを見逃さないようにしっかり観察してください。

 
アーチは、保たれていますか?
左右で足の形が違っていたり、骨がでっぱてきている箇所はありませんか?

 
 
■開張足
筋肉が低下して、横に広がっています。
auto-oe3Tve

 
 
■外反母趾・内反小指
auto-wsaJ8Z
①アーチを形成する筋力が低下

②体重によって徐々に潰され、靭帯(骨と骨をつないでいる)が伸びてくる

③開帳足(アーチが失われ横に広がった足)や浮き指(指が浮き地面を捉えられない状態)になる

④外反母趾、内反小趾

外反母趾や外反母趾と同時に足に痛みが出る、
タコができるなどさまざまなトラブルを併発します。

 
 
■ハンマートゥ
指先側に負荷がかかり、ヒールの中で指が押されて関節が折れ曲がっています。

ヒールを脱いだ後も足がイラストのようになっている人は要注意です!

足の指でグーを作れない人がとても多いです。
auto-axdbfT

 
 
■浮き指
指が床から浮いている状態になっています。
auto-eXlAVO

 
 
■小指の中足骨が出てきている
小指側の中足骨が出てきている方は、外側に重心がある可能性が高いです。
auto-crCfYP

 
 
■タコ・角質・魚の目
集中して負荷がかかる場所にできるため、立位や歩行の際の足裏の重心の位置を見直してみてください。
重心が小指側に偏っていたり、親指に力が加わり過ぎていたいり、踵を打ち付けるように歩いているかもしれません。

いかがでしたか?

次回は、足のアーチを回復させるための簡単な足のケアについてお伝えします(*’▽’*)

 
 
 
二子玉川 用賀 桜新町 ピラティス・バレエエクササイズ・ストレッチ・ウォーキング・整体
少人数制グループレッスン/プライベートレッスン

腰痛・肩こり・首こり・頭痛・体の歪み・冷え性・むくみ・便秘・下半身太り・二の腕のたるみ・ストレス・眼精疲労・睡眠障害・自律神経の乱れ・尿もれ・代謝の低下・O脚改善・姿勢改善・外反母趾・柔軟性の低下・ダイエット・太りやすい・体力の低下



ブログカテゴリー一覧
コンタクト