夏バテと自律神経の関係。夏バテを防ごう!

ピラティススタジオ ランプリールの樋口です。

この天候の不安定と共に体調が崩れる方、多いのではないでしょうか?
今日は本格的な夏に向けて夏バテについてお伝えします!

夏バテがなぜ起こるのか・・・そもそも暑いといだけで体力が奪われてしまいますが(^_^;)

 
【原因1:自律神経が乱れる】
室内と外気との温度差が大きすぎて、自律神経がうまく機能できなくる。
自律神経は、私たちの体を一定に保つために働く役割があり、体温調整、臓器を働かせたり、心拍数を調整したり、生命活動を維持してくれているとても重要な神経です!

本当に人間の体って本当にスゴイですよね!

 
【原因2:汗腺機能の低下】
普段、運動不足やお風呂に入らない方は、汗腺の機能が低下しているため、汗をかけずに体にこもらせてしまう場合や急に大量の汗をかいてします場合があります。

大粒の汗やベタベタした汗には、ナトリウム(塩分)などのミネラルが多く含まれているため、体の機能を低下させてしまいます。

自分の汗の質をチェックしてみてください!

ミネラルは、血液・骨・筋肉をつくり、心臓を働かせ、免疫機能・運動機能・生殖機能を助けるなど、生命活動にかかせない重要なものです。ミネラルが不足すると、からだのあちこちがエネルギー不足状態になり、うまく機能しなくなります。

 
【原因3:飲み物や食事】
自律神経の乱れや汗によって、体の機能が低下することで食欲不振が起こり→栄養不足で体力がなくなる。
また、冷たいもののとり過ぎにより、胃の調子が悪くなる→食欲不振→栄養不足から体力低下。

 
【原因4:睡眠】
暑くて、何度も目が覚めてしまうなど、睡眠の質が低下することで、体力が低下を引き起こす。
まだまだあると思いますが、とにかく夏は体への負担がともて大きいです(ToT)

 
①自律神経が乱れずにいられる温度差は5度だそうで、エアコンの温度を下げすぎない
②汗で失われた栄養素を補う
③胃にやさしい飲みものや食べ物

 
汗腺の機能を高めるために、日頃からシャワーで済ませず、お風呂に入って汗をかくようにする。
また、体温がゆるやかに上がり、じんわり汗がでるような運動(ウォーキングや適度な運動やエクササイズ)で日頃から汗をかくようにして、汗腺の機能を高めるようにしましょう!

 
質の良い汗は、小粒でサラサラ、汗臭くなりません!

58f47f105da2bec01f5b71b2dbd49e84_s
二子玉川/用賀/桜新町 ピラティス・バレエエクササイズ・ストレッチ・ウォーキング・整体
少人数制グループレッスン/プライベートレッスン
腰痛・肩こり・首こり・頭痛・体の歪み・冷え性・むくみ・便秘・下半身太り・二の腕のたるみ・ストレス・眼精疲労・睡眠障害・自律神経の乱れ・尿もれ・代謝の低下・O脚改善・姿勢改善・外反母趾・柔軟性の低下・ダイエット・太りやすい・体力の低下



ブログカテゴリー一覧
コンタクト