脳から幸せになる科学物質をいっぱい出して!パッピーに♡

ピラティススタジオ ランプリールの樋口です。

 

脳から幸せになる科学物質をたくさん出して、ハッピーになる秘訣をお伝えします(*^^*)

 

脳の中では、毎秒10万回以上の科学変化が起こり多幸感が出る薬が24時間いつも製造され、必要な細胞に供給できるそうです。

細胞が幸せ=私自身も幸せに感じることができる♡

そして、それは日々の行動によって幸せの薬は増やせるそうです!

 

【幸せになる薬】

■エンドロフィン…鎮静作用がありモルヒネの三倍の効果があり

■セロトニン…不安を鎮め憂鬱を取り除く

■オキシトシン…結びつきの気持ちを産む

■ドーパミン…警戒心と喜びを促す

 

【幸せになる薬を出す方法】

1番簡単方法は、笑わなくてもいいから、ただ口角を上げるだけで良い!と教えて頂きました。

どうにもならない時は、心体のために、とりあえず、口角を上げてみようじゃありませんか(๑•̀ㅁ•́๑)✧

その他には…

・歌を歌う…声を出すこととでストレス発散にもなります。

・マッサージを受ける

・リッラクス系の音楽を聴く

 

【表情の影響】

・顔をしかめる→コルチゾール・アドレナリンなどのストレスホルモン分泌され、高血圧や免疫機能の低下が進み、不安やうつ状態に対する抵抗力が弱まる。

うつ状態の人に眉間のシワをとってもらったら、症状がなくなったことも!

 

・笑顔→ストレスホルモンの分泌を抑え、エンドロフォンなど、幸せを促す科学物質や免疫力を高めるT細胞を生み出す効果があり、筋肉を弛緩させ、痛みを和らげ、治癒の速度を早める効果がある。

 

こんな記事もあります!

笑うことで

 

表情ひとつで、健康になるか不健康になるかに差がでるのですね!!!

 

今年35歳ですが、年齢を重ねれば重ねる程、人となりが顔に如実に表れると感じます。顔相にも責任を持たねばと感じております。

 

 

参考文献:茂木健一郎(訳)「脳に良いこと」だけをやりなさい!
 
 
 
 
 
二子玉川 用賀 桜新町 ピラティス・バレエエクササイズ・ストレッチ・ウォーキングレッスン・整体
少人数制グループレッスン/プライベートレッスン

腰痛・肩こり・首こり・頭痛・体の歪み・冷え性・むくみ・便秘・下半身太り・二の腕のたるみ・ストレス・眼精疲労・睡眠障害・自律神経の乱れ・尿もれ・代謝の低下・O脚改善・姿勢改善・外反母趾・柔軟性の低下・ダイエット・太りやすい・体力の低下



ブログカテゴリー一覧
コンタクト