成長について

私は、気になることに頭がいって、今ままでの積み重ねを総合的に踊りに盛り込めないスーパー不器用人間。

目線にはまる

質感にはまる

背骨の動きにはまる

とか数えきれない程、その時々の自分の課題に一生懸命で、それまでしたことが次の課題に移るとなくなっていたのだなと気付きました。

 

先生から見ると、せっかく掴んだのにすぐ手放して見えるようで…

そのことについて考察した結果…

課題が変わる毎に間違いなく手放してはいるのですが、実は全部蓄積されていること

そして、同じ課題が何度か巡ってくるのだけど、その度に、進化していること

を感じまして

 

以前、成長は螺旋だと言われたことがあるのですが、本当にそうだと実感しました。

同じ課題、同じ気付きを何度も何度も繰り返しながら、螺旋状に成長している模様。

 

今回、やっぱり、この身体感覚だ!と感じて踊ってみたら、以前、同じように閃いた時よりもより感覚が深まっていて、いつもは小出しなのに、今までの全部が全て盛り込まれてる感覚で、踊っていて、すごく!気持ちもいい。

 

あの有名な言葉

Don’t Think. Feel!

ですね。

体を感じ続けること、体から意識を離さないといのかな。

 

頭で踊っていると体から感覚がなくなって、気にしているところだけが主に動く感じになってしまう。

 

全身を深く感じながら踊っていると、全身が繋がって、体が動いてくれる…

言葉にするのは難しいけれど。

 

全細胞で

体の重み・空気も感じながら

ゴムのようにしなやかに体を使う

でも、作品によっては無重力な感じも必要だったりするから、踊りに合わせてかな・・・

 

以前、ブログで書いたかもしれませんが、ランプリールのレッスンの時も自分の体を深く感じながら体を動かしてみてください。

頭でこうしなきゃと思っている時の何倍も気持ちよくそして体がしなやかに伸びやかに動きます!

 

人間の体って深い!

凄い!

楽しい!

 

 

用賀 桜新町 少人数制グループレッスン プライベートレッスン

ピラティス・ストレッチ・ウォーキング・整体


日記の最新記事

ブログカテゴリー一覧
コンタクト