呼吸がしにくい方、呼吸と脱力でリッラクスするコツ

ピラティススタジオ ランプリールの樋口です(*^^*)

 

呼吸についてのお話です。

呼吸がしにくいと言われる方や長く呼吸ができない方のためにコツをお伝えします。

以前にも同じようなことを書いていると思いますが改めて…

 

■交感神経と副交感神経について

交感神経

心拍数を増やす・血圧を上げる・発汗作用を促す=体を活発な状態にする

 

副交感神経

心拍数を減らす・血圧を下げる・発汗を抑制=体を休める状態にする

 

■呼吸と自律神経の関係

胸式呼吸・息を吸う→交感神経が働く

腹式呼吸・息を吐く→副交感神経が働く

 

■実践

リッラクスしようとしたり、呼吸をしようとして、吸うこと吐くことに意識をもっていくと、余計に体が力んでしまうことがあります。

①まずは自然な呼吸の状態で鼓動を感じる

鼓動を感じているとだんだん鼓動が落ち着き静かになっていきます

 

②体を感じながら全身脱力していく

頭や喉、首、肩…一つ一つ観察していくと無意識に力んでいることに気付きます。心中で、体に語りかけながら脱力していきます

 

③無理ない範囲で長く呼吸をする

◇吸う

吸おうとするよりも自然に酸素が体に浸透して、お腹や体が広がっていく感覚を意識する

◇吐く

全身がとろけていくようなイメージでとろけるような感覚を感じる

 

水中に漂っているようなイメージで呼吸をしたり、心地の良いと感じるリズムをみつけて呼吸してる時の体の感覚を楽しむことを優先させてみてください。

その時に吸う息よりも吐く息を少しだけでも長くしてあげるとリラックスしやすくなると思います。

 

感覚を感じるとこが大切かなと思います。

感じることで自分の体の状態にも気づけると思います。
 
 
 
 
二子玉川 用賀 桜新町 ピラティス・バレエエクササイズ・ストレッチ・ウォーキングレッスン・整体
少人数制グループレッスン/プライベートレッスン

腰痛・肩こり・首こり・頭痛・体の歪み・冷え性・むくみ・便秘・下半身太り・二の腕のたるみ・ストレス・眼精疲労・睡眠障害・自律神経の乱れ・尿もれ・代謝の低下・O脚改善・姿勢改善・外反母趾・柔軟性の低下・ダイエット・太りやすい・体力の低下



ブログカテゴリー一覧
コンタクト