体に痛みがあるときピラティスが救世主になる

ピラティススタジオ ランプリールの樋口です。

腰を痛めたり、股関節を痛めたり・・・日常生活で体を痛めてしまった時のメッセージです(*^o^*)

ある程度、動ける方に向けてのアドバイスですが、日常の動作をする時に腹筋を使ってください!

 

普段運動してない方が日常生活でぎっくり腰などのケガをする時は、腰に過度の疲労が溜まっていたり、脳からの指令で体を動かずメカニズムに狂いが生じてしまったことが原因で起こる場合があります。

 

深部の筋肉を使うことで、背骨や骨盤、股関節が安定し、関節同士の空間が広がるため、関節同士の摩擦が軽減し神経に触れるような痛みを起こし難くなります。

 

坐骨同士を寄せてその周辺の筋肉を下腹部へ吸い上げるようなイメージです。

その時にお腹の表面や腰にぎゅっと力を入れないように気をつけてくださいね(^-^)

 

 

 
 
 
 
 
二子玉川 用賀 桜新町 ピラティス・バレエエクササイズ・ストレッチ・ウォーキングレッスン・整体
少人数制グループレッスン/プライベートレッスン

腰痛・肩こり・首こり・頭痛・体の歪み・冷え性・むくみ・便秘・下半身太り・二の腕のたるみ・ストレス・眼精疲労・睡眠障害・自律神経の乱れ・尿もれ・代謝の低下・O脚改善・姿勢改善・外反母趾・柔軟性の低下・ダイエット・太りやすい・体力の低下



ブログカテゴリー一覧
コンタクト