体にある無数のセンサー

ピラティススタジオ ランプリールの樋口です。

 

やや晴れてきました♡と思っていたら曇ってきました♡不安定なお天気ですね!

 

今日は体のセンサーについてお話します。

 

私達の体には受容器と呼ばれる無数のセンサーがあります。

目や耳は→光と音

鼻は→匂い

皮膚→食感、温度

食事をしてお腹が膨らむ→胃が作動

 

筋肉や靭帯、関節にも受容器が配置され、筋肉を縮めたり伸ばしたり、関節を曲げたり伸ばしたりすることで発動し、筋肉の長さや張り具合、関節のボジションをなどの情報を脳へ送り出しています!

そして!

ピラティスをする時に使うインナーマッスルには、とくに多くの受容器があります。インナーマッスルの機能を高めることで、体の情報をより多く脳へ届けることができ、脳からの指令もより適切に送られるようになります。

インナーマッスルは、指令にもと基づいて筋肉を収縮させ関節・脊柱を安定させます。

慢性的な腰痛がある方はインナーマッスルの受容器の数が減少していることが分かってきているそうです。

 

腰が悪い方、筋力がなくて正しい姿勢を保てない方、バランス感覚が悪い方、インナーマッスルを働かせて、体の機能を目覚めさせましょう(๑•̀ㅁ•́๑)✧
 
 
 
 
 
二子玉川 用賀 桜新町 ピラティス・バレエエクササイズ・ストレッチ・ウォーキングレッスン・整体
少人数制グループレッスン/プライベートレッスン

腰痛・肩こり・首こり・頭痛・体の歪み・冷え性・むくみ・便秘・下半身太り・二の腕のたるみ・ストレス・眼精疲労・睡眠障害・自律神経の乱れ・尿もれ・代謝の低下・O脚改善・姿勢改善・外反母趾・柔軟性の低下・ダイエット・太りやすい・体力の低下



ブログカテゴリー一覧
コンタクト